FC2ブログ

Buontempo~!

ブログ名はイタリア語で「気ままな暮らし」 テキト~に更新しま~す^^

タイニイ・バブルス~サザンオールスターズ 





週から今週にかけて、全国的に天候が悪い日が続いています。僕も先週は妻の友人達と立川市にある昭和記念公園でバーベキューをする予定でしたが、雨のために残念ながら中止になってしまいました。ガラにもない企画に加わろうとしたのが、お天道さまの逆鱗に触れたのでしょうか?(笑)そんなことで今回はバーベキューネタの予定でしたが、別の話題に変更です。

し前からJ-WAVEでもサザンオールスターズ(以下サザン)の「デビュー30周年記念ライヴ」の話題が持ちきりで、曲もバンバンとオンエアされていました。テレビ朝日系でもその模様がダイジェスト判で放送されていたので見ていた方も多かったと思います。世間がこれだけサザンの話題で盛り上がっていると、トレンドを多少意識している当ブログでも取り上げない訳にはいきません。

らの世代ですとサザンに影響を受けた方も結構いるのではないでしょうか?実は僕も小学生から中学校2年ぐらいまでは結構なサザン・ファンでした。今でも語り草になっているのは小学生の頃に我が家で忘年会をしたときに、僕と弟、近所に住んでいたS君との3人でほうきをギター代わりにして「勝手にシンドバッド」を披露したことです。この話は実家で酒を飲むと未だに言われるので、相当、インパクトがあった事柄だったのかもしれません。

て、そんな僕のサザン・コレクションはデビュー曲の「勝手にシンドバッド」から「わすれじのレイドバック」までのシングル盤6枚(何故か「いとしのエリー」は買わなかった!)3rd アルバムのタイニイ・バブルスです。シングル盤のコレクションは実家に置いてありますが、LP盤は我が家にあったので写真をアップしておきます。
タイニイ・バブルス

当時、まだまだ色物と見られていたサザンの音楽アーティストとしての評価を決定づけたのはこの「タイニイ・バブルス」だったと思います。詩も曲のタイトルも抜群のセンスを誇る名曲「C調言葉に御用心」、桑田氏も尊敬していたという音楽家、宇崎竜童氏にエールを送った「ヘイ!リュード!」、原由子を世に送り出した「私はピアノ」、エッチ系の曲が多い初期の作品の中で桑田氏の異彩が最も放たれている「恋するマンスリーディ」、後に世に出る大ヒットシングルのベースになる音作りをしている「涙のアベニュー」といった、その後のサザンの音楽的成功を暗示させるような名曲の数々が多いのが印象的でした。

タイニイ・バブルス裏面

にも、このアルバムでのサザンは様々な「実験」をしています。当時の日本のミュージック・シーンではまだ珍しかった、アルバムからのシングルカット(当時のアメリカのミュージック・マーケットではアルバムが先行で発売された後、その反応を見てシングルが後追いで発売される)やメンバーのソロ活動(原由子、松田弘がソロ録音し、その後、原らがソロデビュー)、そして「ザ・ベストテン(TBS系)」に代表されるヒットチャートを意識しない実験的な音作りです。ここでの様々な試みが、後の息の長い音楽活動に繋がったといっても過言ではありません。これは僕の持論ですが特に日本の音楽アーティストは3枚目のアルバムの出来如何でその後の活動が続けられるかの分水嶺になると思っています。そういった意味ではこのアルバムでサウンドの根幹を固めたサザンが30年に渡り、常にトップアーティストとしてJ-POPを引っ張り続けたということは必然だったに違いありません。

回のライヴでサザンとしての活動は一旦停止しますが、充電後、もっとパワーアップして僕らの前に戻ってきてくれるでしょう。復帰後は妻やサザン・ファンの義兄や義姉と一緒にライヴを見に行きたいものです。

FC2 Blog Ranking
FC2ブログランキング参加中! クリックお願いネ!
関連記事
スポンサーサイト



Comment

Name - piattopiatto  

Title - No title

ciao~~

おひさです
確かにこのアルバム、、、なんです
小生もデビューからこのアルバムです
その後は、聞かなくなっていきました、なぜか。
嫌いじゃないが、おはこでもない
そんなバンドですね~~

実際
このアルバムイ以上のものが
その後には見つけられない、、が本音かな?
なんちゃって~~/
2008.08.31 Sun 20:11
Edit | Reply |  

Name - ピッピ。  

Title - piattopiattoさんへ

ciao~!!
そうなんですよね~!
>嫌いじゃないが、おはこでもない
僕も正にそういう感じでした。

世間的には「KAMAKURA」が最高傑作だと言われていますが、これも好きずきですしネ。

piattopiattoさんもそうだと思いますが、80年代に入ったら洋楽も守備範囲になったし・・・。
2008.09.01 Mon 21:19
Edit | Reply |  

Name - piattopiatto  

Title - 

むしろワタスは逆なんですよ
洋楽から入って
かぎられたごくわずかの邦楽
聞くようになりましたね

未だ洋楽馬鹿ですよ
もう聞き始めて40年ですよ、洋楽
2008.09.01 Mon 21:32
Edit | Reply |  

Name - でごいちママ  

Title - 

サザンですか~。
私はベスト盤しか持っていないミーハーファンでうんちくは全く語れませんが、やっぱり私達の年代でもその影響力は凄いです。
一番好きな曲は「栞のテーマ」。
最近のヒット曲もいいですが、やっぱりサザンは昔の曲の方が数段いいですね!
2008.09.02 Tue 17:43
Edit | Reply |  

Name - ピッピ。  

Title - 

洋楽を聴き始めて40年ですか!
ほとんどの洋楽はカヴァーできそうですね。

piattopiattoさんはBuonissimo!の音楽バージョンも書いているんですよね。

そちらのブログもゆっくり拝見させていただきます。
2008.09.02 Tue 23:21
Edit | Reply |  

Name - ピッピ。  

Title - でごいちママさんへ

「栞のテーマ」これもサザンの代表曲ですね。
この歌のファンは結構多いように感じます。

僕もサザンも曲はブログに書いたように、ごく初期の頃を除くとヒット曲しか解りません。しかし、ヒット曲にはどの曲にもサザンらしさを感じます。

似たような曲に聞こえるのですが、なんとなく違う・・・。これは桑田氏、一流の魔法ですね!
2008.09.02 Tue 23:30
Edit | Reply |  

Add your comment