FC2ブログ

Buontempo~!

ブログ名はイタリア語で「気ままな暮らし」 テキト~に更新しま~す^^

川崎が生んだ鬼才~岡本太郎の世界 






録的な猛暑にすっかり夏バテ気味の僕です。若い頃なら海、山に繰り出しているところですが、最近はアウトドアが苦手になりつつあります。そんな僕の楽しみは冷房の効いた場所でのアート鑑賞です。そこで、この日(8/3)は川崎市岡本太郎美術館へ行きました。
崎に住んで10年になりますが、川崎市岡本太郎美術館に来るのは初めてです。東急田園都市線の「梶が谷駅」からバスに乗り「飯室」というバス停で下車し、徒歩で10分強歩くと緑豊かな生田緑地に到着します。30度オーバーの猛暑でバテバテでしたが、森に囲まれた緑地内は心地よく、森林浴を楽しみながら美術館へ向かいました。美術館へ到着すると小さな滝と岡本太郎氏作のモニュメントが来場者を向かいいれてくれます。
謎の立体造形

モニュメントの横にはカフェがあったので、そこで昼食をとることにしました。妻はツナとクルミのサンド(660円)、僕はハーブチキンサンド(680円)を食べました。
ハーブチキンサンド

僕の食べたハーブチキンはこのカフェの看板メニューということもあり、麦芽パンと野菜、チキンに特製ソースとハーブ、さらにレモンを軽く絞った味付けで大変美味でした。

美術館プレート

腹を満たした後は、ちょうどガイダンスホールで岡本太郎紹介ビデオ「岡本太郎の宇宙」が上映されていたので、それを見て予備知識を詰め込んでから作品を鑑賞です。エントランスを抜けるといきなり真っ赤に塗られた壁に「太陽の塔」に付いていた顔の造作物が飾られていて度肝を抜かれます。常設展示室には絵画や彫刻、壁画、版画そして「太陽の塔(1/50マケット)1970年」に代表される立体造形など所狭しと飾られていました。その中でも僕が衝撃を受けたのは「傷ましき腕(1936/1949年)油彩・キャンバス」という絵画です。この絵は岡本太郎氏が25歳の時の作品で国際シュールレアリスム・パリ展(1938年)に出品した作品ですが、ピカソの抽象芸術に影響を受けつつも後に発表した奇抜な前衛絵画と比べるとかなり解りやすい作品でした。この頃の岡本太郎氏はパリ大学で民族学を始めたこともあり、その影響がアニミズム(動物や植物などあらゆるものに霊的な力や生命力が秘められているという考え)として作品にも強く出ていましたが、この作品のグロテスクでおどろおどろしく、不気味な感じは鬼才と呼ぶにふさわしい作品でした。

女性をモチーフにした像


設展の他に企画展「岡本太郎が見た韓国 1964・1977」も同時に行われていましたが、この企画展では岡本太郎氏が韓国の文化や伝統に強く魅かれていたことを伺うことができました。岡本太郎氏自らが撮影した約70点もの写真は当時の韓国の人々の暮らしや文化を丹念に追い、後に彼の作品の集大成となる「太陽の塔」の作成のヒントにもなったチャンスン(道標)や仮面劇といったものに出会うことになります。

「太陽の塔」レプリカ

このように大作の陰に隠れた出会いや感銘を展示品から見ることで、作品の背景を考えるのも展示会の楽しみの一つです。

東京オリンピックのメダルレプリカ


うして岡本太郎氏の作品に触れていると、改めてその才能と芸術を大衆に浸透させた功績に拍手を送りたくなります。

シンボルモニュメント「母の塔」

「対極主義」を理念とした前衛的な絵画や「太陽の塔」に代表される立体造形、「銀座にヘリコプターで絵を描く(1955年)」という奇抜な発想。その他に写真や文筆、晩年はCMにも登場し「芸術は爆発だ!」、「グラスの底に顔があってもいいじゃないか!」などの名セリフを残してタレントとしても異彩を放ち、芸術を大衆の目線まで下げて表現してくれたことは特筆に値します。この日も大勢の子供達が美術館に来ていましたが、大人も子供も夢中にさせる作品の吸引力は永遠に色褪せることはないでしょう。

FC2 Blog Ranking
FC2ブログランキング参加中! クリックお願いネ!
関連記事
スポンサーサイト



Comment

Name - taki  

Title - No title

川崎にあるんですね。
近くにこういう場所があるといいですよね。
芸術鑑賞をするぞっ!と意気込まずに、食事を目的に行って、作品を見てくるとか、気楽に楽しめそうです。(^^)
2008.08.06 Wed 19:39
Edit | Reply |  

Name - ピッピ。  

Title - ドライヴの帰りにどうぞ!

生田緑地内にあるので森林浴も楽しめますし、東名川崎インター
からも近いので気軽に寄ることができますよ!

大人も子供も楽しめて、入館料も安いのでお勧めです!息子さん
(特ににっくん)達には刺激になってイイかも!
2008.08.06 Wed 22:48
Edit | Reply |  

Add your comment