FC2ブログ

Buontempo~!

ブログ名はイタリア語で「気ままな暮らし」 テキト~に更新しま~す^^

『下北沢BEATLES FES 2016.10.16』 






タシが中学3年生の時、クラスメイトのワキサカ君が「ビートルズのアルバムだから聴けよ!」とキャロル好きのワタシに上から目線で1本のカセットテープ(古いなぁ)をワタシに渡した(ダジャレじゃありません)。彼は陶酔したような面持ちでビートルズの魅力を語ったうえに、当時キャロル・ファンだったワタシにキャロルはビートルズのコピー・バンドであると断言して見せた。家に帰りワタシはそのテープを聴いてビートルズにハマった…。
いうのがお決まりのパターンだが、全くそんな事はワタシの身に起こらずあれから数十年が経った。今、我が家に辛うじてあるビートルズの音源は妻所有の『The Beatles /1962-1966』(通称:赤盤)というベストアルバムだけでワタシのコレクションには1枚たりともビートルズの音源は無い。

年はビートルズ来日50周年ということでTVでは特別番組を放送し、全国各地で記念イヴェントも行われている。そんな中、10月16日に下北沢で≪ビートルズ・フェス≫という催しが行われるという話をSNSでキャッチしノコノコ出かけた。前記したようにビートルズ・ファンでもないワタシが何故出かけたかというと、このフェスでは8組のトリビュート・バンド、カバー・バンドがビートルズの1962年のデビューから解散した1970年までの代表曲を時系列で生演奏していくというもので、企画の面白さとビートルズを深く知らない人も楽しめる分かりやすさに惹かれたからだ。 

演前の11時過ぎに早速現地の『しもきたスクエア』に乗り込むと熱心なファンが陣取っていて熱気が伝わる。ほぼ定刻通りにライヴが始まりオープニングは[THE QuarryBEAT]というバンドが演奏する【LOVE ME DO】から。演奏も然ることながらトリビュート・バンドというだけあって身なり(細身のスーツの着こなしや髪型)も当然ながらビートルズを意識したものになる。ギター弾きの端くれのワタシとしてはバンド・マンが使用している楽器も気になるところだが、ポール役の方はバイオリン・ベースを、レノン役はリッケンバッカーを使用していたところもそそられた。

DSC_0505.jpg

2組目に演奏した[The Blue Margarets]は女性だけで編成されているバンドで世界的にも知られているビートルズのコピー・バンドが出場するフェスにも出たことがあるという実力を持っている。流石に音のほうもしっかりと研究していて、ジョージ役の方は小柄ながらグレッチを使用し本家に似た音質を出していたことにも芸が細かい。どうでもイイ事かも知れないけど女性が【A HARD DAYS NIGHT】 を歌うと色っぽくてイイね(スイマセン! セクハラ目線で)。曲が終わるたびにメンバー全員で揃ってお辞儀するところも初期のビートルズを彷彿とさせるシーンで好感だった。

DSC_0506.jpg

DSC_0507.jpg

のフェスでは出演したバンド全てが中々のレヴェルなのだが、後半になると「グッ!」と演奏のレヴェルが上がった。特に[THE LIVERPOOLBOYS] [B-AT]というバンドの演奏は圧巻。(演奏に夢中で写真を撮り忘れた!)この2バンドはビートルズの中・後期の楽曲を演奏したのだが聴き応えがあった。初期のビートルズは生演奏でもコピーし易い楽曲が多いが、中・後期はスタジオでの多重録音が多く演奏も凝ったものになってきているので生演奏でバンドとしてアンサンブルを取るのが難しいかと思うのだがリバプールさんはその存在感で、B-ATさんは圧倒的な演奏力で場内の空気を変えた。

して、特別ゲストとしてこのフェスの最期を締めたのはあのヨーコ・オノも認めたという和製ジョン・レノン。ビートルズ完コピ・ミュージシャンとして知られる[リッキー・廣田]がアコギで演奏を披露。少ししゃがれた声質もレノンそっくりで流石の存在感。夕陽が落ちる中でレノンが天から降臨してきたような魂の演奏で我々オーディエンスを惹きつけた。

うやってオープニングから始まり【YESTERDAY】【PENNY LANE】【HEY JUDE】【GET BACK】 等々、書き切れないぐらいのセットリストで1日中演奏を聴いていくとビートルズの楽曲が如何にワタシに沁み込んでいるかが体感できた。アルバムを1枚しか持っていないワタシでも殆ど知っている曲が多く本当に楽しめた1日だった。今回この素晴らしいフェスを企画した[下北沢BREATH]さんには心より謝意を申し上げたい。


FC2 Blog Ranking
FC2ブログランキング参加中! クリックお願いネ!  
 
関連記事
スポンサーサイト



Comment

Add your comment