FC2ブログ

Buontempo~!

ブログ名はイタリア語で「気ままな暮らし」 テキト~に更新しま~す^^

ポールウェラー JAPAN TOUR 2015 






日(10/17)は3年振りに来日したUKロックの重鎮、ポールウェラー(以下ウェラー)のジャンパンツアーを見るためヨコハマベイホールに行った。現在、55歳のウェラーだが年齢を感じさせない圧倒的なパワーを放ち、ダブルアンコールを含む全27曲に亘り我々オーディエンスを魅了した。

DSC_0290.jpg
回のツアーファイナルの会場となったヨコハマベイホールはキャパが1,100人とハコとしてはそう大きくはない。しかしロックのライヴを見るうえでこれほど適度な距離感は無いと思わせるほど見やすさとPAが良かった。ウェラーも地元ロンドンのクラブを彷彿とさせるようなハコとオーディエンスのノリに酔いしれたのかノリノリだったのが印象的だった。

DSC_0294.jpg

ルバム『SATURNS PATTCERN』のリリース直後の来日とあってサターンズからのピックアップは6曲。ウェラー節がギンギンの【WHITE SKY】【LONG TIME】は勿論やりました。特にLONG~はライヴで聴くとメチャクチャカッコいい。もっとも、ウェラーを含めた演奏がイイのが一番の要因なのだけど。

DSC_0296.jpg

タカン時代の曲も勿論フォロー。前回のツアーでも演奏した【MY EVER CHANGING MOODS】俺、この曲大好きなんだよね。何故かバブル期を思い出して涙が出そう(笑)。【LONG HOT SUMMER】も披露しスタカンファンのお洒落系元お姉さんも楽しめたのではないか(笑)。

のライヴでのウェラーのノリノリぶりは家族を伴ってのリラックスしたツアーという事も起因しているのではないか。アンコール1のラストは前作『SONIK KICKS』からのピックアップで娘、息子を伴って【BE HAPPY CHILDREN】を演奏するなど余裕のプレイも見せてくれた。

DSC_0299.jpg

して、そして、年齢層高めのファンのために今回もジャム時代の曲を何と3曲も! ジャパンツアーでは定番の感さえある【START】、珍しさと言えば今ツアーは【GHOSTS】もやってくれた。極めつけはダブルアンコールでこのツアーの大トリを飾る名曲【TOWN CALLED MALICE】。2012年のGIGでは我々ファン待望のTOWN~やスタカン時代の【SHOUT TO THE TOP】はやらなかったので拍子抜けのワタシだった。そんな事から生TOWN~を聴いたのは2009年のツアー以来、実に6年振りだぞ!! 最後の最後にこれだから! ウェラー!! 場内、馬鹿ノリだった~!!

回のツアーを無事に終え、ウェラーの衰えを全く感じさせないプレイは見事の一言! インタビューでは音楽活動もそう長い時間は出来ないと言っていたが、まだまだ!! ず~っと、付いて行きます! ウェラーの兄貴ィ~!!


FC2 Blog Ranking
FC2ブログランキング参加中! クリックお願いネ!  
関連記事
スポンサーサイト



Comment

Add your comment