FC2ブログ

Buontempo~!

ブログ名はイタリア語で「気ままな暮らし」 テキト~に更新しま~す^^

横濱JAZZ PROMENADE2015 






年もすでに10月。秋はアートや音楽イヴェントが目白押しでワタシのような文系人間にとって心躍る季節だ。そんな事で今年も『横濱JAZZ PROMENADE2015』(通称:ジャズプロ)に行ってきた。JAZZファンの方々はお目当てのミュージシャンのチケットやフリーパスチケットを用意すると思うが、ワタシのような「にわかファン」は今年も無料でライヴを堪能できるNHK横浜放送局のホールで楽しんだ。

DSC_0285.jpg
タシが行ったのは10月10日開催のライヴでこの日はラジオの公開生放送だったが、今年も多彩なジャズミュージシャンが4時間に亘って素敵な演奏をしてくれた。お目当ては昨年もこの会場で素晴らしい演奏を披露してくれた【福井ともみ(P)とMt.Nonet】だったが、他も特筆すべきミュージシャンがいたのでここではちょっとした感想を…。

1組目の【平光広太郎Quintet”Straight line”】は名古屋を拠点としたピアニストの平光が率いる2ホーン・クインテット。ハード・バップ系でワタシのようなジャズの素人が聴いても「これがJAZZだ!」と分かるような王道スタイル。この日はスタンダード・ナンバーもプレイしていて高年齢の方でも受け入れやすい演奏だった。

2組目はジャズギタリストの浅葉裕文率いる【浅葉裕文スウィンギンギター5】。名前の通り浅葉のスウィング(躍動感)するようなギタープレイが象徴されるようなモダンジャズ・クインテット。ワタシとしてはこのグループが一番のお気に入りだった。同じくギターをプレイする者としてジャンルの違いはあれ、純粋に上手い、カッコいい、ああいうプレイをしてみたいと思わせる浅葉のプレイと映画で見たような「昔懐かしいジャズ」の香りが漂うようなリズムに共感した。この日に演奏を聴いていたオーディエンスは比較的に高齢者が多く、初めはノリというか反応が鈍かったが演奏が進むにつれて浅葉のギタープレイに魅せられたように思えた。

DSC_0289.jpg

はワタシが当初お目当てにしていた【福井ともみ(P)とMt.Nonet】が登場。9人編成のビッグバンド形式のグループ。スウィングジャズという形式をとりつつも福井独特のアレンジによって現代的な解釈をジャズに落とし込み、モダンジャズと融合しているようなサウンドが特徴。この日もアースウインド&ファイアーの『セプテンバー』や映画音楽をジャズに落とし込んだ演奏を披露し、音楽ジャンルの垣根を取り払った演奏でオーディエンスの耳を楽しませた。

してこの日のトリを務めたのが地元横浜出身のKeisuke Nakamura(tp)率いる【HUMADOPE】。トランぺッターの中村を中心としたフリージャズを演奏するユニットで前衛的なサウンドが持ち味。正に「好き勝手に演奏してください!」といったノリでステージが一種のラボ(実験室)のような感さえあった。複数のグループが演奏するライヴでは流れというものがあると思うのだが、私見で言うとこのバンドはトップに持ってきた方がよりこのバンドの魅力が出たのではないかと感じた(もしかしたら、ワタシが疲れて感度が鈍っていたせいかもしれないが…)。

いう事でたっぷり4時間、演奏の合間を除いてタップリとJAZZを堪能したが、この日は多様な演奏を楽しめ、改めてJAZZの奥深さを感じた。年齢的にもそろそろJAZZにハマるお年頃?を感じる秋の一日だった。


FC2 Blog Ranking
FC2ブログランキング参加中! クリックお願いネ!  
関連記事
スポンサーサイト



Comment

Add your comment