FC2ブログ

Buontempo~!

ブログ名はイタリア語で「気ままな暮らし」 テキト~に更新しま~す^^

NO MUSEUM ,NO LIFE?~これからの美術館事典 






日全国的にうだるような暑さに加え、仕事のストレス…そんな時、ワタシは無性にアートに触れたくなる。そんな事で先日は東京・竹橋にある東京国立近代美術館で開催されている『NO MUSEUM ,NO LIFE?~これからの美術館事典』という展覧会に行った。

DSC_0153.jpg
の展覧会は普段、表舞台に出ることのない、美術館と作品の関係性をAからZまでの36のキーワード介して紹介するという変わった企画展だ。それはキュレーションやアーティスト、ジャーナリズムといった比較的表側の面や美術品を維持、保管するための温度、保存修復、裂け目、梱包といった管理、維持の面、そして展示、吊ること、光/照明、額/枠といった裏方の面など実に様々な事象を国立5館(東京国立近代美術館、京都国立近代美術館、国立西洋美術館、国立国際美術館、国立新美術館)から厳選した約170点の作品を介して表現している。

のように書くと何やらマニアックな展覧会に感じられるが全然、敷居が高くなく、作品と同化しながら美術館がもっと身近に感じられるような「へぇ~!!」が満ち溢れる空間に仕上がっている。

DSC_0143.jpg

こちらの写真は壁の反対側に小さな穴が開いていて、その穴を覗くと人形とバッチリ目が合う仕掛けだったり、『フレームの中のフレームの中のフレーム』という作品では観客自らが作品となれるような遊び心ある展示物もあって楽しめる。勿論、国立5館より選りすぐられた作品が展示されているのでそれを目当ての観衆も当然いる。

DSC_0148.jpg DSC_0146.jpg

写真のような現代アート系の作品から、アンディ・ウォーホルといった知名度の高いアーティストの作品、

DSC_0149.jpg

ワタシはレオナール・フジタが好きなのだが、フジタの作品も十分に堪能できた。

DSC_0141.jpg DSC_0150.jpg

のような素敵、不思議な作品を眺めつつ、いっぷう変わった空間で涼を取るのもワタシのひと夏の楽しみだ。


FC2 Blog Ranking
FC2ブログランキング参加中! クリックお願いネ!  
関連記事
スポンサーサイト



Comment

Add your comment