FC2ブログ

Buontempo~!

ブログ名はイタリア語で「気ままな暮らし」 テキト~に更新しま~す^^

SARTOでモッズコートをお直し 






タシはお洋服好き。50歳近くなった今も服業界で働くことを妄想しているほど好きだ。その時々のトレンドはあるのだが洋服好きな人は基本、自分のサイズに合ったものを身に付ける。すご~く突き詰める人はミリ単位でこだわる場合もあるだろう。そしてワタシもミリ単位とは言わないがセンチ単位ではこだわる(笑)。そこでちょうど1年前このブログに掲載したモッズコート(昨年、下北沢で買った古着)をお直しすることにした。
頼したのは『SARTO』さんだ。以前は2回ほど二子玉川店を利用していたのだが、色々と調べてみるとカジュアル系は原宿店が得意としているという評判を聞きわざわざ原宿店に依頼した。お直しは袖丈、裾丈を詰めるという内容だが、袖にはベルト状の加工が施されているため肩口から詰めないとカッコ悪い仕上がりになるし裾丈は今回の直しの最大ポイント。後ろ身頃は微妙なシワ加工が入っているので直しにくそうだし、前身頃はポケットとのバランスを見つつワタシの希望するサイズに詰めなければダメだ。フィッターの方と入念に打ち合わせをし、それこそ何度となく10センチ上げたり、7センチにしたり鏡を見ながらアレコレ微調整を繰り返す。そして最終的に裾丈は8センチ詰めることにした。

して待つこと約1カ月。くだんのコ-トが仕上がった。上が修正前、下が修正後。

DSC01054_20141130160432d27.jpg
DSC01112.jpg

ポケットの位置で詰め具合が判断できるが、分かる人には分かると思うが全く雰囲気が違う。着ると更にその思いが深くなる。古着で8,800円出して買ったコートにお直しで20,000円(税抜き)掛かってしまったがジャストサイズを極めるためにはギリギリの投資ではないか。SARTO原宿店さんの技術力に感謝するとともに完璧な出来栄えに非常に満足している。


FC2 Blog Ranking
FC2ブログランキング参加中! クリックお願いネ!   


関連記事
スポンサーサイト



Comment

Add your comment