FC2ブログ

Buontempo~!

ブログ名はイタリア語で「気ままな暮らし」 テキト~に更新しま~す^^

Osteria Giapponese(オステリア・ジャポネーゼ) 






週、祐天寺付近の紹介をしましたがこの辺りは個性的な飲食店が多いのも魅力の一つ。ブラブラ散策の帰りに寄らせていただいたのが東急東横線『学芸大学』駅から徒歩6分のところにある、ちょっと変わった風情のイタリアンのお店【オステリア・ジャポネーゼ】さんです。このお店は駒沢通りを通るたびに気になっていて、以前から寄りたかったお店です^^。

店内①
てもイタリアンとは思えないような藍染めの暖簾(写真撮影を忘れました!)をくぐるとそこはイタリアと日本を融合したような空間が広がっています。テーブル席や個室もありますがオステリア(居酒屋風)というだけあってカウンター席でカジュアルにイタリアンを愉しめるのがこのお店の魅力です。面白いのが本当に居酒屋風でカウンターには様々な焼酎が用意されていて、漁港から直送された新鮮な魚介類(その日仕入れを店主が説明してくれます)をつまみにまったりと飲むこともできます。

店内②

この一風変わったあたりを店主にお聞きすると店主が「焼酎や鮮魚が大好き!」ということ。なるほど! 店内にはお魚の写真が数多く飾られているはずですね!! 店主曰く「お客さんにもゆっくりと酒と食事を愉しんでもらいたい」というコンセプトがあり、こういう形式は都内でも無いのではないかと語っていました。こんな感じですから「ひょっとして、なんちゃってイタリアン?」と思う方もいるかもしれませんが、とんでもない! シェフはイタリアのピエモンテ州出身のファビオさんという方で料理教室も運営されています。

れではそろそろ頂きましょうか! まずは生ビールと赤ワインで乾杯しつつ『カボチャの冷製スープ』と『手作りフォカッチャ』が出てきました。

手作りフォカッチャ

カボチャの冷製スープ

フォカッチャは鶏レバーのペーストを付けていただきますがのっけから美味! こちらはテーブルチャージ(600円)から出ています。お次は店主が厳選した魚介類を使った『お刺身サラダ(1,980円)』。鯛、貝、ボタンエビ、そして鯨が入った贅沢な1品です。何故かサラダ攻めで『あぜ道のクレソンサラダ(735円)』は3種類のトマトが入った健康的なもの。生き生きとしたクレソンが良い香りを放っています。

お刺身サラダ

あぜ道のクレソンサラダ

サッパリ系からそろそろガツン!と食べたくなりました。『ポコアポコ農園の花ズッキーニのフリット(630円~)』は頬張ると口の中いっぱいにモッツァレラチーズの旨みが広がり思わず頬が緩む美味しさ。レモンを絞ると風味が加わりますし、ズッキーニの食感もいいですね。こちらは新鮮な鶏を使用した『イタリア風ネギマ(735円)』。ようするに焼き鳥ですが、ネギもさることながら鶏が美味すぎ!ジューシーな肉汁と肉厚の鶏が見た目以上のボリューム感で赤ワインが進みます。

ポコアポコ農園の花ズッキーニのフリット

イタリア風ネギマ

ェフのファビオさんの手が少し空いたところでカウンターに出てきてお喋り。酔った頭でカタコトのイタリア語を駆使しながらお話しさせていただきましたが、シェフは日本語も勿論、4ヶ国語を操るバイリンガルということで恐れ入りました!! それでも「イタリアが大好き!(勿論、イタリア語で言いましたよ!)」と言うと喜んでくれたのか話が弾んで『レモンリキュール』をサービスしてくれました!!

レモンリキュール

だかアンティパスト攻めですが、いいんです!! オステリアですから(笑)。締めには『秋刀魚とういきょうのシチリア風ブカティーニ(1,365円)』、妻は食欲旺盛でドルチェに『パンナコッタ(525円~)』を一緒にオーダーしました。旬の秋刀魚を使ったブカティーニはもう、文句なしの美味しさでソースの味が絶品でした。パンナコッタは一口分けてもらいましたが、上品な甘さとオレンジっぽいソースを付けるとまた違う味が愉しめる嬉しいドルチェ。ピエモンテ州の郷土料理ということもあって、同州出身のファビオさんが作るとさすがに美味しいはずです^^。

サンマとういきょうのシチリア風ブカティーニ

パンナコッタ

んな感じで美味しいお酒(食後には店主お勧めの焼酎を2杯くらって!)と食事、愉しいお喋りと充実した時間を満喫できました。お会計は二人で12,525円でしたがお酒を飲まないで料理だけでも勿論OKです。僕らは居酒屋風メニューを堪能しましたが、本格イタリアンも愉しめますので是非、チェックしてほしいお店です。


FC2 Blog Ranking
FC2ブログランキング参加中! クリックお願いネ!
関連記事
スポンサーサイト



Comment

Name - Bin  

Title - 

ピエモンテ州は、
濃厚な味付け、ジビエっぽい
料理とかで、いい地域ですね~~
バローロと、バルバレスコ、
二つのトップワインを有するところですしね^^
2010.10.10 Sun 10:40
Edit | Reply |  

Name - ピッピ。  

Title - Binさま

レスが遅くなりましてスイマセン!

さすがにイタリア通らしいBinさまのコメント
ですね~。

いつも勉強になります^^。
2010.10.13 Wed 21:05
Edit | Reply |  

Name - ryuji_s1  

Title - 

鶏レバーのペースト
美味しそう
素晴らしいレストランですね
お料理美味しそうです
2010.10.26 Tue 19:09
Edit | Reply |  

Name - ピッピ。  

Title - ryuji_s1 さま

ちょっと変わった店構えですが、味の方は
満足できました。

イタリアンでも色々な地方の味を愉しめると
さらに造詣が深まりますね^^。
2010.10.26 Tue 22:01
Edit | Reply |  

Add your comment