FC2ブログ

Buontempo~!

ブログ名はイタリア語で「気ままな暮らし」 テキト~に更新しま~す^^

ウェイク・アップ・ザ・ネイション~ポール・ウェラー 






回リリースされた大作『22ドリーム』からわずか1年9ヵ月あまり。夢から覚醒したポール兄ィが久しぶりに激しいロックンロールを引っ提げて僕らの下に舞い降りました。その新作は『ウェイク・アップ・ザ・ネイション』。これは聴かないわけにはいきませんネ!

『ウェイク・アップ・ザ・ネイション』
が手に入れたのはデラックス・エディション(4,200円)ですが、デラックス!というだけあって重厚なハードカバーの外装で、中身はアート写真集のような凝った作り。

世界で一番カッコイイ50代 !!

そこにオリジナルバージョンのCD1とクラブ・リミックス風のCD2の2枚組という豪華版です。ウェラーファンの方は色々な音が聴けて楽しめますが、音的なものでいうとCD1だけで十分という内容です。

あ、デラックスが是か非かはともかく、音的には『22ドリーム』という夢の世界から覚醒し、ロックンロール・スピリットを持った本来のウェラーが舞い降りたという感じ。骨太でゴリゴリとした部分は残しつつ、エレクトロニカのエッセンスを融合した2010年代の新しいロックンロールといった印象です。

んな本作はまさに傑作揃い。激しいピアノの旋律で始まる【ムーンシャイン】で一発目からザ・ロックンロール! 【ファスト・カー/スロウ・トラフィック】は何と!ジャムのメンバーだったブルース・フォクストンがベースを弾いています。音的にもジャム時代の【ロンドン・トラフィック】のようなストレートなロックンロールなのでジャム時代からのファンには懐かしさが込み上げる1曲です。その他、王室への不満をビートに乗せた【7&3・イズ・ザ・ストライカーズ・ネーム】は17トラック目のライヴ・バージョンがカッコイイし、【トゥ・ファット・レディース】もノリノリでパンク系のビートの効いた音に仕上がっています。そうそう、それとウェラーの娘とその友人たちがバックコーラスで参加している【ファインド・ザ・トーチ、バーン・ザ・プランズ】もオーバードライブがギンギンにかかっていて正にロックしてます!!

の曲をピックアップしても秀作揃いですが、敢えておススメのトラックは5.【アンドロメダ】6.【イン・アムステルダム】ですかね。この2曲は別々の曲というより2曲で一つという括りで聴いてほしい曲です。「滅亡しつつある惑星から脱出していく人間が主人公(ライナーノーツより抜粋)」ということですが、壮大なロマンと宇宙空間を思わせるような曲で、デヴィッド・ボウイの【スペイス・オディティ】を彷彿とさせるこのアルバムでは珍しい曲作りです。そして僕の中での最高作は【エイム・ハイ】しかないでしょう!! ファルセットを駆使したウェラーのボーカルとサイケデリックな音を支えるスティーヴィー・ピルグリムが刻むドラムが印象的でもの凄くカッコイイ曲です。

ポール兄ィ~!!


まあ、多少、興奮気味に書きなぐりましたが、こんなにギターが歪みっぱなしのウェラーのアルバムっていつ以来でしょうか?「もう、この辺をやらせちゃったら世界で右に出るものはいない!!」と思えるほどの秀作、いや、傑作と言える一枚です。ロックンロール好きは必聴ですヨ!!


FC2 Blog Ranking
FC2ブログランキング参加中! クリックお願いネ!
関連記事
スポンサーサイト



Comment

Add your comment