FC2ブログ

Buontempo~!

ブログ名はイタリア語で「気ままな暮らし」 テキト~に更新しま~す^^

まったりと伊東にて…。 

一休.com 料亭旅館陶心庵米屋

8月3、4日と短い休暇を取って小旅行に出かけました。行き先は我が家から電車を乗り継ぐこと約3時間程にある伊東の旅館です。伊東というと温泉はあまりにも有名で、このブログを見てくれている皆さんも1度や2度は行ったことがあると思います。
東の旅館やホテルといえばあの有名なCM「伊東に行くならハ○ヤ!ハ○ヤに決めた!」という文句があまりにも有名ですが、その他にも規模が大きいホテルや旅館があります。今回、僕が行った旅館は客室数こそ全17室と小規模ですが、素晴らしい時間を提供してくれました。

Dsc00104.jpg


回お邪魔した、料亭旅館「陶心庵 米屋」JR伊東線・伊豆急行「南伊東駅」より徒歩5分の住宅街の中にひっそりと建っています。僕らはJR伊東駅より送迎バスで旅館に送ってもらいましたが、街の中心からバスで約15分弱と海岸や温泉街からはやや離れていますが、逆にその距離が隠れ家的な雰囲気を醸し出してGOODです。入り口は大きな提灯が目印になっていますが、決して派手ではなく名前の通り料亭風の佇まいでどっしりとした落着きがあります。
 
着した僕らを、和服の姿の女性がにこやかな挨拶とともに旅館の中に招き入れてくれます。まず始めに白木のカウンターがある茶室に通され、仲居さんが立ててくれるお茶と和菓子を頂きながら宿泊カードにサインをしつつ、部屋へ通されるまでの時間軽い談笑を交わします。カウンターの正面はガラス張りになっているのですが、天然の滝が流れていて涼をそそります。
Dsc00102.jpg



Dsc00100.jpg


Dsc00101.jpg


らの宿泊した部屋は「星彩」というところで、檜の香りがプンと漂う半露天風呂、お風呂からは豊かな竹林が望め、窓下には滝が流れる素敵な部屋でした。部屋に備え付けてあるお風呂も豪華ですが、やはりこういうところでは大浴場で楽しみたいですよね?ここでは源泉掛け流しの「四阿岩風呂」「古代檜風呂」に露天風呂が併設、男女日替わりで楽しめるので、夜と朝に入れば両方を堪能できます。その他にも貸切露天風呂もあり、温泉の贅は尽きません。僕は到着後カメラを手に取り撮影、その後はお決まり通り古代檜風呂+露天を堪能した後、部屋で冷たいビールを飲んでオヤジ道全開でした。

Dsc00103.jpg


はどこの温泉に行っても必ずマッサージを受けますが、ここのマッサージも最高でした。女性のマッサージ師でしたが力の入れ具合も絶妙で、頭のてっぺんからつま先までたっぷりと40分(4500円)、風呂上がり+ビールの効用もあり「ひぇ~っ」とはしたない声を上げるほど気持ち良く、口は半開きの状態で落ちる寸前でした。
Dsc00105.jpg


Dsc00111.jpg


んなこんなで早くも食事の時間になりましたが、食事は別邸1階にある「お食事処」で京懐石を頂きました。旅の楽しみは何といっても上質な食事ですが、食前酒の伊豆ワインから始まりデザートの水菓子までの16品目全てが上質の味わいでした。僕の拙い言葉で料理を表現するよりも、写真を見ていただければより一層美味しさを感じられます。残念なのは、僕らが一番美味しいと感じた「金目鯛の雲丹(ウニ)焼」の写真を載せられなかったことです。これについては盛りつけ、味とも最上級の物でしたが、料理が運ばれたとたんに僕も妻も写真を撮る間もなく一気に食べてしまったため、記録に残すことができませんでした(苦笑)。あまりに美味しい食事にお酒もついつい進んでしまいましたが、シャトー・ダルシャンボー(フランス産)のフルボトル(4,200円)と肉料理に合わせたモンテプルチアーノ・ダブルッォ(イタリア産)のハーフボトル(2,100円)を飲み干して上機嫌。グルメリポーターの彦摩呂さん風にいうと「味の大名行列じゃ~!」といったところでしょうか。

Dsc00107.jpg


Dsc00106.jpg


Dsc00108.jpg


Dsc00109.jpg


朝の朝ご飯も豪華絢爛で普通の旅館の夕食並のレベルでしたが、ここでさすがに気になったのがお値段です。僕らは旅行サイトの「一休.com」より予約を入れました。2007年リニューアルオープン価格ということで、僕と妻の2人で4万円(飲み物は別途)で宿泊できましたが、どう見積ってもこの金額で採算が合うのか疑問でした。後から頂いた旅館のリーフレットを良く読んで見ると、僕らが宿泊した本館は平日(お一人1泊2食付)で32,000円、休前日で35,000円となかなかの金額でした。しかし、最高のサービスは人の心を打ちます。この旅館の女将さんは、全国各地の旅館の「時期女将さん候補」を集めて旅館業の教育をしているそうです。なるほど、お客の心を掴むサービスが行き届いている筈ですね。

Dsc00110.jpg


い時間でしたが、こちらの女将さん始め、従業員の方のお心尽くしのお陰で充実した休暇が取れました(帰り際には地元の和菓子のお土産も頂いて大満足!)。機会があったら是非、また行きたい旅館です。皆さんも如何でしょうか?

詳しくはこちらまで!
http://www.hotespa.net/hotels/komeya/

FC2 Blog Ranking
FC2ブログランキング参加中! クリックお願いネ!

関連記事
スポンサーサイト



Comment

Name - でごいちママ  

Title - 

トラックバックの記事参考になったでしょうか?つたない文章だったので心配です。
因みにコメントの件ですが、私はトラックバックした時はコメントを残すようにしています。
何だか企業宣伝のトラックバックが多くてどのブログもトラックバックに過敏になっているようなので安心してもらおうとつとめています。

伊東の旅行の記事、写真入で素敵な旅行だったのだなぁと手に取るようにわかってとても面白かったです♪
本当に「味の大名行列じゃ~!」という感じでめちゃおいしそう!!
私は伊東というとハトヤに二度ほど宿泊したことがあります♪なかなか娯楽が多くて楽しい所でしたよ!今年のお盆は更に足を延ばして城ヶ崎に旅行に行く予定です♪
2007.08.12 Sun 02:18
Edit | Reply |  

Name - ピッピ。  

Title - でごいちママさんへ!

当ブログまでわざわざ来てもらって、コメントしていただいてありがとう!

大変、参考になりました。

よろしければ、また遊びに来てください。
2007.08.12 Sun 12:13
Edit | Reply |  

Name - でごいちママ  

Title - 

これからもよろしくお願いします!
また遊びに来ます~。
2007.08.13 Mon 09:31
Edit | Reply |  

Add your comment

Trackback

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •   宿泊施設 伊東 露天風呂
  • “宿泊施設 伊東 露天風呂”で厳選した宿泊先をご紹介! !それは、『伊東 海風庭 えびな』相模灘を眼下に見下ろす本館は全室オーシャンビュー。又、日本庭園の中に14棟のはなれ客室があり、そのうち6室は専用露天風呂付き。 繁華街にも歩いて7?8分と近くて便利。
  • 2007.08.10 (Fri) 16:13 | 宿泊施設&伊東で探しました!
この記事へのトラックバック
  •   宿泊 伊東 露天風呂
  • 宿泊 伊東 露天風呂 !さて、それは一体どこでしょう!ヒントその1:その宿泊場所の感想特徴をお教えしましょう。相模灘を眼下に見下ろす本館は全室オーシャンビュー。又、日本庭園の中に14棟のはなれ客室があり、そのうち6室は専用露天風呂付き。 繁華街にも歩いて7
  • 2007.08.10 (Fri) 18:02 | 宿泊&伊東で探しました!
この記事へのトラックバック
  •   宿泊 伊東 露天風呂
  • 宿泊 伊東 露天風呂 !さて、それは一体どこでしょう!ヒントその1:その宿泊場所の感想特徴をお教えしましょう。相模灘を眼下に見下ろす本館は全室オーシャンビュー。又、日本庭園の中に14棟のはなれ客室があり、そのうち6室は専用露天風呂付き。 繁華街にも歩いて7
  • 2007.08.10 (Fri) 23:11 | 宿泊&伊東で探しました!